2019年の海外講演を締めくくるAPAC FORUM in インドネシア

今年最後の海外講演となるAPAC forum winter meeting。

昨年12月にシンガポールで開催されたwinter meetingから1年。あっという間に時間が過ぎ去ってしまったことに驚きながらの準備となりましたが、今回は、なんと世界遺産でもある遺跡の中で行われました。

日本から11時間かけて到着したのは、アンコールワットと並ぶ世界遺産であるインドネシア、ボロブドゥール寺院にあるThe Heritage convention center。

インドネシアでの講演は、7月にインドネシア大学皮膚科学講座のLili教授にお招きいただいたとき以来2回目となります。

その時の様子はこちら↓

今回の3大ミッション
  1. 当院がアジア1号機を導入したテンプシュアの実力はいかに?
  2. テンプシュアニードルRFとピコシュアによる最新ニキビ治療法
  3. スカルプシュアによる美しいボディラインの作り方

2019年に行ってきた学会講演を総括するかのような内容となりました。

テンプシュアは肌を若返らせることができるのか

テンプシュアとは、当院が今年3月にアジア1号機を導入した高性能 高周波(RF) マシン 。治療に最適な温度を保ち続ける最新技術を搭載しており、従来機や類似機種と比べ、効率よく確実に皮膚内にエネルギーを届けることができるため、歴然とした違いがでます。

さらに、皮膚内にコラーゲンを産生するため、小じわを改善し、肌にハリとツヤを与えます。瞼のたるみや目の下のちりめんジワなどが気になる目まわりにも照射可能です。

今回は、どのように使えばさらに高い効果が得られるのかを、実際の症例を照射法と共にお話ししました。

このテンプシュア、リピート率が非常に高いことからも、患者様満足度の高さが伺えます。

12月はまさにハイシーズン。美香子先生の注入治療とテンプシュアを組み合わせて行うヒルズシェイプ®はテンプシュアの良さを最大限に引き出しながら、気になるシワやたるみをその日のうちに改善することができるため、大変好評です。

テンプシュア×ピコシュアによる最新ニキビ治療法

二つ目は、そのテンプシュアの特殊モードであるニードルRFと高性能ピコレーザー:ピコシュアを合わせた新たなニキビ治療について。

痛みのある深いニキビを長い間繰り返し、お肌が傷ついてしまった方々のお悩みを、なんとかして差し上げたい一心で編み出したこの方法。ニードルRFで開いた毛穴を縮小させると同時に、ピコシュアでコラーゲンやエラスチンの産生を促し、ニキビ痕の修復も同時に行います。

今年の3月にASLMS(アメリカレーザー医学会)で発表した方法をさらに改良し、どんなタイプのニキビにも効果を発揮させることができるようになりました。

会場ではその治療結果を見たドクター達から大反響であり、ニキビというありふれたトラブルに世界中でいかに多くの方が悩み、そして解決するのが難しいかということを改めて感じました。

 

スカルプシュアによる美しいボディラインの作り方

そして三つ目は、脂肪溶解レーザースカルプシュアを用いたスリムなボディラインの作り方について。

「ボディラインを美しくするために必要な2つのこと」に注目した当院のスカルプシュア施術は、身体のバランスを考えながら、どこの脂肪を減らして、どこをリフトアップして、どのように皮膚を引き締めれば最も美しいラインを生み出せるかを徹底的に突き詰めています。

ここ数年で大きな注目を集めるようになった部分痩身(ボディコントゥアリング)と言われる脂肪溶解ですが、スカルプシュアはその中で「ダウンタイムなく治療できる」利点を持つ世の女性の強い味方です。

 

無事に3セッションを終了。今年の講演や学術活動における実績を評価いただき、クリスタルの盾をいただきました。

「新たな治療法を開発後は画一的にそのまま継続する」のではなかなか満足のいく結果は得られないため、当院では「どうすればよりよい結果を出すことができるのか、どこを改善できるか」を考え、日々治療法をアップデートし続けています。

それには、やはり勉強・研究が大切になります。海外講演は、自分の治療法や手技を客観的に見直し、学術的な背景をしっかり構築していく最高の機会であると感じています。

海外のドクター方の新たな視点を学ばせていただいたり、似たような考え方の中にも小さな違いがあることに気付かせてもらったり。2019年は様々なことを見聞きし、学び、議論することができる機会を本当に多くいただくことができました。

今後も国内外の多くの先生方と意見を出し合いながら、さらに効果の高い治療法を作り上げていきたいと思います。

医療法人光悠会 あざみ野ヒルズスキンクリニック
045-507-7420(火・水・金・土曜 9:00~17:00)

インターネット予約(24時間受付)

関連記事