アグネスを超えた!ニキビ・毛穴の最新治療法2019

ニキビ・毛穴治療のポイントは、毛穴の「深さ」と「大きさ」そして「皮膚内での広がり」です。

赤くて、すこし押すと痛みのあるニキビ(炎症性痤瘡)はもともとの毛穴が皮膚内で拡大し、深いところで炎症を起こしています。

これを根本的に治療するには、毛穴の深さ大きさ広がりに合わせて、毛穴を引き締める照射が必要になり、非常に繊細な技術を要します。

アグネスを超えたテンプシュア

今までは、このような広がった毛穴やニキビに対して、AGNES(アグネス)というマシンを使用していました。

アグネスは、毛穴の「大きさ」に合わせた照射は得意なのですが、残念ながら「深さ」や「広がり」に対して、思うような結果を出すことができませんでした。

しかし、当院がアジア初導入したテンプシュア(TempSure)の特殊ハンドピースを用いることで、アグネスにはできなかった「深さ」と「広がり」まで捉えた毛穴・ニキビ治療が可能となり、今までよりさらに優れた効果を出すことができるようになりました。

アグネスとテンプシュアの大きな違いは、この針の繊細さ

左:テンプシュア sophisticated needle
右:アグネス 炎症性ニキビ用(I)の針
左:テンプシュア sophisticated needle
右:アグネス 炎症性ニキビ用(I)の針

 

画像で見ても、違いがはっきり分かると思います。

アグネスもかなり細い針なのですが、テンプシュアはさらに細い上にその細さが一定であり、エネルギーを照射したい部分に合わせて自在に変えることができます。

さらに、アグネス後に見られた赤みや腫れ、色素沈着といった施術後のダウンタイムもテンプシュア後は少なく、圧倒的な差があります。

それでは症例を見ていきましょう
左:治療前 右:1回治療後

1回でかなりの改善が見られています。

左:治療前 右:2回治療後
繰り返さないためには根本治療を

ニキビは繰り返すうちに、ニキビの周りが赤茶色~茶色になり、その色が落ちなくなる「色素沈着」を起こし、かつ毛穴周りのダメージが進むことで「毛穴ひらき」「クレーター」といった症状が出現します。

そのため、当院では、テンプシュアニキビ毛穴を直接治療しながら、ピコ秒レーザーピコシュア色素沈着を消し、肌の再生を図ります。

テンプシュアピコシュアを用いたコンビネーション治療であれば、今あるニキビを効果的に治療しつつ、新たなニキビの発生を抑える根本的な治療が行えます。

顎周りやフェイスラインの大人ニキビ。
どうしていいかわからない繰り返すニキビ。
色々試したけど、改善しないニキビ。
小さくしたい広がった毛穴。

そんなお悩みをお持ちの方。
あきらめなくても大丈夫!

まずは、お気軽にご相談ください。

医療法人光悠会 あざみ野ヒルズスキンクリニック
045-507-7420(火・水・金・土曜 9:00~17:00)

インターネット予約(24時間受付)

関連記事