CynoSure Asia Pacific Forum 2017に参加しました

週末は、レーザー業界 世界最大手「サイノシュア社」主催のアジア太平洋地域の美容医療フォーラムであるAsia Pacific Forum 2017に参加しました。

日本、韓国、中国、台湾、タイ、香港といったアジア・太平洋地域のDrが一同に会した、大変インターナショナルなForumでした。

現在、美容医療分野で大きな注目を集めているのは、次世代レーザーであるピコセコンドレーザーによる美肌治療、そしてレーザーによるノーダウンタイムの脂肪溶解であり、今回のフォーラムでもピコセコンドレーザー「PicoSure(ピコシュア)」とレーザー脂肪溶解機器「SculpSure(スカルプシュア)」がメインテーマとなっていました。

当院でもピコシュアスカルプシュアを導入しており、美肌治療とボディラインの若返りに素晴らしい結果を出し続けていますが、さらに効果を高めるべく、国を超えた様々なアイディアを聞いてまいりました。同じ機器なのに、国が変わるとまったく異なる方法が試されており、驚くことも多くありました。

日本におけるレーザーの大家である東海大学の河野先生とお話をする機会をいただき、ピコシュアの効果的な照射の仕方や、敏感な日本人の肌に対してどうすればよりダウンタイムを抑えることができるかなど多くのことをお話させていただきました。

各国のDrが盛んに質問していたのは「このシミにはどんなエネルギーで照射するとよいのか」でしたが、これには決まった答えはありません。

何より大切なのは「どんな人にも一定の方法を使う」のではなく「一人ひとりのお肌の状態に合わせたエネルギーを用いて繊細な照射を行うこと」です。日本人をはじめアジア人の肌は敏感であり、その中でも日本人はお肌のキメや色合いに強いこだわりがあります。

「その人その人の肌の回復力や環境に合わせた照射を行うことで、本来の美しさを最大限に引き出すよう治療する」という方法は、当院のコンセプトでもあり、流行に左右されず、かつ最も有効な方法であると、改めて確信しました。

ピコシュアは、レーザー治療に精通した医師でないと高い効果を出すことが難しいレーザーですが、だからこそ、結果の満足度も非常に高いのです。当院での症例の数々については、この夏の美容皮膚科学会で講演させていただく予定です。

当院でのピコシュアを用いた治療では、シミはもちろんのこと、毛穴、ニキビ痕、ハリなどの肌質そのものを改善し、トラブルフリーのお肌を取り戻す「肌再生プログラム」が非常に効果的です。その方のお悩みやライフスタイルに合わせた治療が可能ですので、スキントラブルにお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。


ご予約はこちらから


あざみ野ヒルズスキンクリニック

045-507-7420(火・水・金・土曜 9:00~17:00)

インターネットからのご予約はこちら(24時間受付)

ご希望の日程でのご案内を確実にするために、結婚式・同窓会・撮影などのイベントに向けて綺麗にしたいとお考えの方は、できるだけ早めのご予約をお願いいたします。

オンラインショップ

アプリダウンロード

関連記事