CynoSure Asia Pacific forum 2019 Day.2

CynoSure Asia Pacific forum in マカオの本番。
いよいよ、当院がアジア1号機を導入した高性能RF機器:テンプシュア Enviについての講演です。

RF機器は様々な企業の物が市場に存在しますが、安全に、良い結果を出すことができる高性能RF機器は、実はごくごく一部であると報告されています。

さらに高性能RF機器であっても、使用方法を誤り皮膚深部の重度熱傷を発生させてしまった例が海外で大きなニュースになっていました。

そんなわけで、私たちが求める高周波機器は、

  •  ハイパワーで効果が高いこと。
  •  施術の痛みが少ないこと。
  •  安全性が高い設計であり、火傷などのリスクが低いこと。

この3つの要素を兼ね備えたものである必要があります。

それを叶えるのが、高性能RFマシンとして、アメリカではすでに大変高い人気を誇るテンプシュアEnvi

シンポジウムでは、まず、Dr. Rovert Weiss (米国)によるテンプシュアの機械的な特徴説明があり、続いて、私が日本での臨床経験をお話しさせていただきました。

テンプシュアは、ハイパワーでありつつ、治療に必要な熱のみを正確にコラーゲンやリフトアップ靭帯に作用させるシステム(therapeutic logic controlといいます)を持ち、常に皮膚の温度を監視しているので、火傷などの副作用を起こしません。

具体的な治療方法や治療プラン、そして肝心の治療結果を見ていただきましたが、講演後に多くの質問や感想をいただき、予想以上の反響がありました。

”チーム テンプシュア”
午後はLive demonstration

ライブデモンストレーションは、テンプシュア、スカルプシュア、ピコシュア、レブライト、アイコンといったCynoSure社の高性能機器をボードメンバーが機器の特徴と使い方を実演するというものです。私はここでもテンプシュアを担当。

多くの機器があるので、人数は分散するだろうと勝手に予想していました。

ところが、会場入りすると、人だかりが。さらに、Dr. WeissやDr. Christeneが凝視しているという、午前よりさらに厳しい条件下でのデモンストレーションとなりました。

全体の流れについて説明し、セッション開始。

患者さんに合わせた治療の方法、どうしてこのエネルギーを使用するのか、どの程度の熱が必要なのか、など実際に患者さんに対して照射をしながら説明していきます。

スムーズに進行していることに安堵し始めたころ、Dr. christeneがこちらに素敵な笑顔を向けながら一言。

「私に照射してみて!」

Advisory boardの中心メンバーであるドクター相手に、ものすごい数のオーディエンスの中で???????

Noとは言えませんが、その責任の重大さはプレゼンの比ではありません。
聴衆も固唾をのんで見守っています。

「もちろん。どうぞ。(笑顔)」

OK出した以上は最大限のことをせねばなりません。
快適な治療にするためのハンドピースの動かし方のコツや、エネルギーの変更方法など、さまざまなことを説明しながら治療を進めます。

他のモデルさんと同じように、1領域だけで終了の予定でいましたが、
「すごいいい感じ!顔全体にやって!!」
「喜んで!(Oh, No…)」
今回の講演で発表したテーラーメイドトリートメントを一通り行って、治療終了。

「お顔の状態はいかがです?」と恐る恐る質問すると、「おでこのあたりから引っ張られるような感じ!いい感じね!」とポジティブな感想をいただき、一気に肩の荷が下りました。


結局このセッションは3時間あまり続き、終了する頃はエネルギーはゼロ。

これで終わりかと思っていると、最後に再度、全体の質疑応答を行うとのこと。

最後のエネルギーを振り絞って檀上に向かいましたが、始まってみると予想を超える質問数、そして他Advisory boardメンバーから私に対して質問!など。

本当に最後の最後まで気の抜けないForumでした。

最後はgala diner

Dr. WeissやDr.Carlと同じ卓。緊張しつつも楽しく食事をさせていただきました。

ありがたいことに、当院の実績を評価していただき、クリスタルの盾をいただきました。

 

世界のドクターたちと情報交換

この2日間、効果の出やすい治療の機序や結果、新しい切り口からの治療法の開発など、日本では学べないことばかりを学ぶことができ、日本での数年分の勉強に匹敵するほどの、実りの多い貴重な時間となりました。

中国の先生方と
Dr.Carl Chen (台湾)と
オーストラリアの先生方と
日本の土屋先生とCynoSure安藤さん

Advisory board メンバーの先生方は、優秀さはさることながら、どの先生も人間性が素晴らしく、彼らへの尊敬の念を新たに、帰国の途に就きました。

世界トップクラスのドクターと共に知識と技術を本音でシェアすることができ、このような機会を与えてくださった多くの皆様にこの場をかりて、心より御礼申し上げます。

 

医療法人光悠会 あざみ野ヒルズスキンクリニック
045-507-7420(火・水・金・土曜 9:00~17:00)

インターネット予約(24時間受付)

関連記事