医師が薦める感染症対策サプリメント2選

連日メディアを賑わしている新型コロナウイルス。また、インフルエンザや感染性胃腸炎も依然猛威を振るっています。

そんな感染症対策として大切なのは、手洗いやアルコール消毒など、感染源を体内に入れないことですが、もし、体内に病原体が入ってきたときに大事なのが、私たちの「免疫力」です。

かつて私が医師になる前に、風邪を繰り返したことがあり、かかりつけ医に免疫力を高める方法を聞いたところ「そんな方法はないから、栄養と睡眠をとってね。」と言われました。

確かに、栄養も睡眠も大事だし、人混みを避けることも大事!

だけど実際は、満員電車に乗らなければいけなかったり、接客業や医療従事者で感染症の方と接する機会があったり、仕事や育児、受験勉強で睡眠不足だったりと、感染症の危険と隣り合わせの方も多くいらっしゃると思います。

そんな方々のために今回ご紹介するのは、すぐに実行できて、効果が高い免疫力アップ法・回復力UP法です。

時の流れと共に、医療分野も進化を遂げ、免疫力や回復力をあげる方法を、点滴やサプリメントという形でご提供できるようになりました。

免疫力UP法!リポC3包一気飲み

まずは、リポC3包一気飲み。リポカプセルビタミンC(リポC)とは、吸収力を高めるために、ビタミンCをリポカプセル化したビタミンCサプリメントです。

リポカプセルビタミンC
7,200円(税別)

1包に1000mgのビタミンCを含有しますが、このうち約98%が体内に吸収されるという脅威の吸収率をほこります。(一般的なビタミンCは、吸収率が非常に低く、摂りすぎると下痢などの胃腸症状を引き起こしてしまうので、要注意です)

この高吸収のビタミンCを3包、一気に飲みます。3000mgという大量のビタミンCを体内に取り込むことで、免疫力を高めてくれる効果があります。

特に、のどの違和感や痛み、口内炎などがあるときは、リポCを口腔内の粘膜にいきわたらせるようにして摂取すると、さらなる効果が見込めます。(うがいするようにしてから飲み込みます)

さらなる免疫力UP効果を求めるときには、1度に25000㎎(25g)のビタミンCを点滴で入れる高濃度ビタミンC点滴という方法があります。ビタミンCの量を変えることで、ウイルスや病原菌だけなく、癌に対する効果もあると言われています。

回復力UP法!水素で活性酸素を強力除去

続いてご紹介するのが、医療用水素カプセル 【SUBSTANCE H2】です。

医療分野における水素医療は、様々な分野で研究が進んでおり、急性期の心筋梗塞等に対する水素吸入治療法は、その有効性から厚生労働省の「先進医療B」に承認されました。

そんな水素を手軽に、かつ効率よく摂取する方法として開発されたのが、医療用水素カプセル【SUBSTANCE H2】です。

医療用水素カプセル 【SUBSTANCE H2】
9,200円(税別)

【SUBSTANCE H2】はカプセルを胃ではなく、腸内で少しずつ溶かす腸溶カプセルのため、全身に効率よく、確実に、水素を届けることができます。

内容量は、主成分である水素含有マグネシウムが80mg。これは、【SUBSTANCE H2】1カプセルで、「飽和水素水(1.5ppm)を24時間かけて4L飲む」のと同等の効果となります。

様々な疾患で臨床的に高い効果が認められている【SUBSTANCE H2】ですが、処方の際には診察が必要となります。(お忙しい方や遠方の方には遠隔診療も行っています。)

様々な感染症から自分の身を守るために、効果の高いサプリメントを賢く利用して対策をしていきましょう。

医療法人光悠会 あざみ野ヒルズスキンクリニック
045-507-7420(火・水・金・土曜 9:00~17:00)

インターネット予約(24時間受付)

関連記事