毛穴開き・ニキビ跡の最新治療法2選

前回、お伝えした内容、
繰り返すニキビから卒業する方法」には3つありました。

1.毛穴の出口をスムーズにする
2.毛穴から出る皮脂の量を調節する
3.壊れてしまった毛穴を「作り直す」

今回は、この内の3つ目の治療法「壊れてしまった毛穴を作り直す」方法について詳しく見ていきましょう。

開いた毛穴を治療する方法

1.レーザーで毛穴を閉じる
「ピコフラクショナル」という方法を用いて治療します。
レーザーを照射すると、肌のコラーゲン産生を増やし、毛穴を引き締めることができます。
しかも、ピコフラクショナルは従来のフラクショナルとは違って、表面は無傷なので、ダウンタイムがほとんどなく治療が可能です。

2.ニードルRFで毛穴を閉じる
大きく開いた毛穴に対しては、ニードルRFと呼ばれる細い針状のものを広がった毛穴に直接差し込みます。毛穴の奥を適度な熱で縮めることで、毛穴の形を元の形に戻すことができます。

当院には、このニードルRFと呼ばれる機械が3種類あります。
POTENZA(ポテンザ)TempSure(テンプシュア)AGNES(アグネス)、毛穴の大きさやニキビの状態に合わせて使い分けて治療します。そのため、ニキビや毛穴開きを効果的に治すことが可能です。

症例のご紹介

症例.1
20代の女性の方です。繰り返すニキビでお悩みでしたので、ピコシュアとメソアクティスを用いたコンビネーション治療でニキビおよびニキビ痕の色素沈着の治療を行いました。
(左)治療前(右)治療後

【治療内容】
ピコシュア(トーニング+フラクショナル)(¥60,000)✖️5
デルマシオ(エレクトロポレーション)(¥25,000)✖️5

症例.2
赤くて痛みのあるニキビが繰り返し出ている状態の方です。このためPOTENZA(ポテンザ) 1本針モードで毛穴そのものの治療を行いました。

治療前
治療後
【治療内容】
ポテンザ(1本針モード)(¥35,000)✖️3

症例.3
浅いニキビと深いニキビが両方できており、毛穴の作り変えが必要だったためPOTENZA(ポテンザ) 1本針モードとAGNES(アグネズ)1本針モードを併用しました。

治療前
治療後
【治療内容】
ポテンザ(1本針モード)(¥35,000)✖️3
アグネス(1本針モード)(¥25,000)✖️3
繰り返すニキビは「ニキビの元を断つ」ことが大切

しつこいニキビの治療は、できるだけ早く、「ニキビの元」を断っておくのが大切です。治療開始が遅くなればなるほど、跡が残り、治療に時間がかかってしまいます。

当院では、その方のお肌に合わせて機器の使い分けやスキンケアプログラムの作成を行うことで、効果を高めた治療を行います。一緒に最適な治療方法を考え、ニキビの負のスパイラルから卒業しましょう!

────────────────

奥 謙太郎

医療法人光悠会 あざみ野ヒルズスキンクリニック
045-507-7420(火・水・金・土曜 9:00~17:00)

インターネット予約(24時間受付)

ヒルズオンラインショップ

関連記事